深夜の夜活より早朝の朝活!性格も変わる早起きの効用

夜が得意だから夜に色々な活動をして、遅く寝る!という人がいます。このような人を夜型人間といいます。反対に、朝早く起きて活動を始める人を、朝型人間といいます。

最初に重要なポイントとして言っておきたいのは、どちらも間違ってはいない!ということです。早起きを勧めつつ間違っていないとはどういうこと?と思われるかもしれません。

実は、朝に強い人と夜に強い人というのは存在して、それはDNAレベルで決まっているのです。お酒が強い人と弱い人がいるように、それは体質と言ってもいいかもしれません。

ですので、このようなDNAレベルの夜型の人が、無理に朝方の生活をすると少し無理が生じる可能性があります。このような人は、無理せず夜型の活動をすべきかもしれません。

しかし、一方、私たちの社会は、当たり前のように朝方の社会です。夜は寝て、朝は起きて会社に行く。太陽が昇っている間が、メインの仕事や学業の時間です。そうなると、どうしても朝型の生活の方が、幸福度が高い生活を送れるのです。

そして、この朝型と夜型は人の性格にも影響を与えます。夜型の活動をする人は、冒険的で、リスクを厭わない性質をもちます。反対に朝型の人は、外交的で明るい性質です。

先ほどから言う通り、遺伝的に夜が強い人は、どちらかといえばアーティスティックな仕事をしている傾向が強いのです。つまり、言ってしまえば、才能がある選ばれた少数の人間ともいえます。

そう考えれば、真に夜型の人は全体からすると、とても少ないといえます。多くの人は、朝型の方がしっくりくるのです。そういう意味では、遺伝的には朝型なのに、夜型の生活をしている人があまりにも多い現状があります。

これが性格に大きな影響を及ぼします。朝型なのに夜型の生活をする人に起こる影響としては、鬱っぽくなる、悲観的、神経質になるといった性格的に悪い影響を及ぼします。

このような人たちが、早朝に起きて夜やっていた同じことを、朝にやるだけで性格が180度変わるといわれています。日の光と共に起きるだけで、思考がクリアになり、ポジティブになれるのです。

当然、気分がよくなり性格も前向きになります。活動自体のクオリティーも上がり、一日がとても充実するのです。夜型の活動は、アーティスティックな人に適しているということを言いましたが、最近はこの傾向も変わりつつあります。

例えば、作家やミュージシャンなどにも、朝早く起きて、決まった時間から仕事を始めて夕方に終える、という人も増えてきています。一見、つまらない生活スタイルに見えますが、その実、作品のクオリティーは格段に上がっているのです。

深夜に夜活をする人を否定はしません。遺伝的に得意とする人がいるからです。しかし、多くの人は早朝の朝活をしたほうが、性格も前向きになれます。これは、古来から続く人間の生物としてのスタイルを考えれば自ずとわかります。

そもそも、夜活というのは文明によって、電気がもたらされたことによりできたものです。本来人間は、日が昇って起き、沈んで寝る生活スタイルが基本です。それによって、自己免疫力や自然治癒力も高まります。心や性格の正常化とともに、このような自然なスタイルは、体の正常化にもつながっているのです。

ルーチンワークで生活のリズムを整える早起き習慣術とは

嫌なことや慣れないことを難なくこなすために必要なのは、型にはまってしまうことではないでしょうか。いい意味で型にはまること。ビジネス方面では、ルーチンワークという言葉が用いられます。

ルーチンワークとは、決まりきった日常の仕事や創意工夫の必要のない業務のことです。ある意味、クリエイティブ性のない、つまらない仕事というネガティブな意味でも使われます。

しかし、こと早起きに関しては、クリエイティブ性は必要ありません。早朝に起きること、これを決まりきった努力の必要のないものに変えられれば、大変楽です。まずは、寝る時間です。

とはいえ、深夜1時や2時に寝ている人が、急に早く寝ることはできません。ですので、ルーチンワークとして23時に寝ることを設定して、そこに向かって徐々に寝る時間を早めていきます。

ルーチンワークには、ルールと設定が大事です。例として、23時に寝るのなら、22時には間接照明にしてテレビやスマホなどの電子機器は見ないことにします。

そして、ココアやホットミルクを時間をかけて飲んでみましょう。忙しい毎日を過ごしている人にとって、最初はこのような時間は苦痛かもしれません。しかし、色々な雑事だって、夜にやるよりも早朝に起きてしたほうが捗ります。

毎日の寝る前の儀式として、このようにやってはいけないこと、やることを決めておいてルーチンワークにします。すると、それが当たり前になる生活がしばらくして訪れます。

こうなると、早起きも簡単です。起床5時として、こちらもルーチンワークとして、朝起きたらすることを設定しておきます。よく言われるのが、起きてすぐに水を1~2杯飲むと腸が活性化され、目が覚めるということです。

水ではなく、血糖値を上げるために甘い飲み物を飲んでもいいでしょう。朝の場合は、とにかく起きる癖をつけるためには、何でもいいのです。自分のしたいこと、目覚めやすいことをとにかくルーチンに組み込みます。

寝るときも起きるときも、共通するポイントとしては、複雑すぎることやらないことです。複雑なストレッチをしたり、難しいレシピの飲み物作ったりなど、続かないだろうというものは排除しましょう。

ルーチンワークが整うと生活のリズムが出来てきます。こうなると、もうそれ以外の生活に戻る方がやっかいです。自然と、早起き習慣が根付きます。ルーチンワークは早起きに取り入れるととても有効なのです。

余談ですが、ルーチンワークで思い出すのが、野球のイチロー選手とラグビーの五郎丸選手です。イチロー選手は、打席に立つとバットを回し、ユニフォームの肩の部分に手をかけ袖を上げる仕草を毎回やります。

五郎丸選手は、おなじみの拝みポーズで、同じ歩数を動き正確無比なキックをします。二人に共通するのは、勝負の時に行う、このシンプルなルーチンワークです。この一連の行動は、他人から見たら何故?と思うかもしれませんが、本人たちにとっては勝負の時に、リズムをつける習慣となっているのです。

クリエイティブ界隈では悪い意味でも使われるルーチンワークですが、このように何かを成し遂げるとき、ここでは早起きを習慣化する時には大変有効なメソッドであるといえます。

早起きしたければこれを食べよう!早起きに効く食べ物とは

体の内部から早起きに影響を与えたい。そんな願望があります。体の内部からというのは、精神力だけでなく物理的に早起きに効果を及ぼすもの。つまり簡単にいってしまえば、食べ物や飲みものです。

物を食べることで私たちの体は成り立っています。そう考えると、食べ物は、人間の活動に最も大きな影響を与えるものです。そう考えると、早起きのために効果的な食べ物もなにかありそうです。

しかし、始めに言ってしまえば、この食べ物を食べたから早起きできる!そんなサプリメントのようなものは、実際、存在しません。残念ですが…。

少し路線が違いますが、起きてすぐ水を一杯飲むと、目がさめる!ということはよく言われます。これは、水という物質が目覚めに効果的なのではありません。単に、起きてすぐ飲むことで、腸が活性化されるために、目覚めに良いということです。

では、早起きに効く食べ物はないのかというと話が終わってしまいますので、少し見方を変えてみます。食欲というのは人間の三大欲求のうちのひとつで、とても大きいものです。

食べるのが嫌いという人はいません。そこを利用して、朝起きたら必ず食べたいものを用意して寝るのです。そうすれば、起きて美味しいもの(自分の好きな物)が食べられるという欲求で、早起きが楽しくなるのです。

好きなものを食べたいという欲求を利用する。しかし、これは割と精神的なものです。次は、生物学的に考えていきましょう。実は、眠いというのはイコール体温が低いという状態です。

人間は、体温が低くなると眠くなります。雪山で遭難した人たちが、眠ってしまう人を必死に起こしているシーンが映画などでよくみられます。あれは、体温が低下して、猛烈に眠くなってしまっているのです。

つまり、眠りから目覚めるためには、体温を上げるものを食べるのが良いのです。体温を上げるのは、エネルギー(糖分)があるものです。一品選ぶとしたら、チョコレートが良いかもしれません。苦手な人は、アメやガムでもよいでしょう。

そういう意味では、チョコレート好きな人は、翌日起きたらすぐに食べるチョコレートを用意しておくと、好きなものを食べる楽しみとともに糖分もとれますので、一石二鳥です。

飲み物については先ほど出てきた水以外には、ココアや生姜湯が良いです。これも同じような理由で、目覚めるために体温を上げるのが最大の目的です。コーヒーという意見もありますが、まずは体温を上げる必要がありますので、優先順位としては体を温める飲み物をお勧めします。

最後に、食べ物ということであるデータを示します。20代の有業者における朝食の欠食率です。この年代は、男性は仕事の忙しさ、女性はダイエットなどの美容のため朝食を抜く人が多くいます。

男性では24%、女性では17%の人が朝食を食べないという結果が出ています。これは、目覚めるという観点から言えば大変問題があります。エネルギーを摂取しなければ、当然体温が上がりません。

真に目覚めていない状態で、出勤するので、常に体はだるいままという事が起ります。重ねて言いますが、朝食を食べることは、体温を上げて目覚めを促進する効果があります。そのことを忘れずに、しっかり朝食を摂るようにしたいですね。

どのくらいとればいいの?睡眠時間についての嘘とホント

早起き習慣をつける上で、睡眠の質は大事です。ここで疑問となるのが、睡眠の質とは睡眠時間とイコールなのか?ということです。単純に考えれば、睡眠時間は多いほど良いのではと思ってしまいますが、実際はどうなんでしょうか?

よくいわれるのは、人は1日8~9時間は寝るべきであるという説です。一見いかにもその通り!と思う時間です。しかし、実際問題、働いている人が、これだけの睡眠時間を毎日捻出するのは至難の技です。

一方、アメリカの大学のある研究によれば、睡眠時間が6時間半以下の人と8時間半以上の人を比較した人、より眠っている後者の方が死亡率が20%も高いという結果がでたそうです。

一概には言えませんが、睡眠不足もよく有りませんが、寝すぎるのもまた体によくないということです。では、正解は何時間寝れば良いのか?これには、明確な答えはありません。

なぜなら、適正な睡眠時間は、個人によって違うからです。一説によれば、これだけ睡眠時間をとれば良い活動ができるという時間は、DNAレベルで個人ごとに決まっているとも言われます。

そうなると、まず初めにすべきことは、自分のベストの睡眠周期を知る必要があります。人間の眠りには、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があるといわれます。この周期の循環も個人ごとに違います。

ただ、自分の睡眠周期を知るといっても具体的にどうすれば良いか。かなりシンプルな方法をここでは、提示しましょう。ヒントは、90分です。実は、人間がすっきり起きられる睡眠時間は90分の倍数とも言われています。

例として、4時間半(90分×3)、6時間(90分×4)、7時間半(90分×5)この3パターンは、ともに90分の倍数です。まず手始めに、この睡眠時間で時計のアラームを設定してみましょう。

すっきりと起きられる時間帯が、自分のベストな睡眠時間です。7時間半が一番よさそうに見えますが、人によっては、6時間がベストの人4時間半がベストの人もいます。意外な自分の適性睡眠時間を発見するかもしれません。

もう一つの方法として、休日など翌日が自由な時間はアラームをかけずに眠ってみることです。これによって、自然に起きる時間が適正睡眠時間です。これには、前日しっかりリラックスして眠ることが重要です。

他にも、睡眠周期をチェックするアプリなども多くでていますので、それを利用するという手もあります。睡眠時間は~時間が適正!という世間の言葉に惑わされず、自分自身の適正時間を知ることが早起きの第一歩です。

ちなみに、いくら90分の倍数といっても、3時間以下の睡眠は生命に危機を及ぼすので避けましょう。入眠時以降の3時間は、最も深い眠りになり睡眠のゴールデンタイムと呼ばれます。この時間帯は、脳の疲労などが取れるホルモンが多数分泌されています。

寝すぎも寝なさすぎも、どちらも体によくない…。しかし、いままではどちらかといえば、寝不足のほうが悪者とされてきました。しかし、寝すぎも体に十分悪いという研究によって分かって来ています。そういった意味では、睡眠時間は個人レベルで適正時間をしっかり探すことが今まで以上に重要になっているんです。