読書や楽器や映画観賞…趣味は朝にやってしまおう!

読書や映画鑑賞やその他諸々のインドアの趣味は、多くの人に人気があります。これらの趣味ですが、どの時間帯にやっていますか?休日や仕事終わりの平日の夜などが多いかもしれません。

または、それ以前に学生時代はよく趣味に時間を費やしていたけど、今は仕事や育児やその他で本を読んだり映画を見たり、楽器を弾いたりする時間は全くない!という声もあります。

これらの趣味、早朝にやってしまってはどうでしょうか?実は、無茶な提案ではありません。朝早く起きることで、人生において趣味に費やす時間がぐんと増えるのです。

また、朝に好きなことをする時間を作ることが、一日の充実度を格段に変えます。趣味を朝にやってしまって、ストレスフリーの生活を味わいましょう。

具体的な話をすると、朝5時に起きれば、出勤や家事仕事まで平均90分の自由な時間が取れます。この90分を趣味の時間に費やすとすれば、週5日でなんと450分です。

さらにそれを1ヵ月(4週間)続ければ、トータル30時間になります。なんと、朝早く起きるだけで、趣味に費やす時間が1ヵ月で30時間も増えるのです!これはなかなかの時間です。

この時間があれば、もし趣味が映画鑑賞であった場合、1ヵ月に2時間映画が15本も見れる計算になります。ちょっとした映画博士ができ上がりです。読書が趣味なら、1ヵ月7~8冊は読むことが出来ます。

昔やっていた人もこれから始める人にも勧めたいのが、早朝楽器演奏です。ピアノにしてもギターにしても、楽器は、毎日手をつけることが上達の最低条件です。1日60分~90分をやりつづけたら、数か月後には演奏会の壇上に立っている、ということも不可能ではありません。

時間をさけるということ以外にも、読書や映画や楽器を朝にやるべき理由はあります。これらの趣味は、そのものの楽しさもさることながら、いかに吸収したかがその喜びになるものです。楽器演奏なら上達があり、映画や読書でも観賞後にそれを消化することが楽しいのです。

これは、一種の知的創造です。知的創造は、朝の頭が冴えた脳でやったほうが断然よいのです。また、朝は誰にも邪魔されないという利点もあります。趣味をやっている最中に、子供や家事、仕事の電話などで中断されると逆にストレスになります。

邪魔されず、頭が冴えてる朝にこれらの趣味をやると、夜にやるよりも幸福感が高くなるのです。更に言えば、朝はお酒を飲まないでいられるので、感性が豊かでいられるし、読書しながら居眠りして結局なに読んだのか忘れてしまう…ということもありません。

そう考えれば、夜はネットサーフィンやニュースの閲覧、お酒をまったり飲むなど受動型の趣味がよく、朝は、読書や映画や楽器演奏など創造的な趣味があっています。

働く男女に聞いた時間に関するアンケートで「あなたが増やしたいと思っている時間はなんですか?」という質問があります。そのダントツ1位が「趣味にかける時間」です。

趣味にかける時間が欲しいと思いながら、叶わないと思っている人が多いということです。しかし、朝型の生活によって、趣味にかける時間はつくることができるんです。この趣味に没頭できるアワーに気づくと、人生の充実度は180度変わるかもしれません。

設定しよう!目的意識が早起きのモチベーションを上げる理由

早起きをすることは、人生をポジティブに変える行動です。しかし、朝早く起きること、そのこと自体が目的になってはいけません。あくまで、何かをやるための手段として、早起きをするのです。

そのためには、目的を設定してやる必要があります。特に、寒い冬の朝なんて布団やベッドから出るだけで一苦労です。そんな時に、なぜ、こんなつらいことをするのか…と思ってしまうと早起きは習慣化されません。

目的といえば、語学の勉強や仕事のスケジュール作り、家事などなど、比較的一般的な目的を設定する人が多いでしょう。しかし、モチベーションを上げるには少し堅すぎる…もっとライトな目的で習慣化できないものか、と思う人も少なくありません。

昨今では、インターネットを使ってブログを書いたり、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用して色々とつぶやいたり、と個人での発信が可能です。それをそのまま人生のライフログにしている人もいます。

そのようなSNSに毎朝何かをアップすること、これを目的にすると意外と起きられるのです。例えば日の出の景色を毎朝アップする。朝早く作った料理をアップする。などなど、毎朝やることをSNSにアップするということを目的にすると、なぜか楽に起きられるのです。

その日の記録は、その日しかできません。意外にライトな習慣ですが、続けていくとやめられなくなるのです。また、早朝にブログを更新するのもいいかもしれません。毎朝やっていれば、それなりに閲覧数も増えます。

早起きや孤独な作業と思いがちですが、こうしてSNSを利用することで開かれた気持ちになりますし、SNSをアップした後に、本来やるべき仕事や家事、勉強を始めると、朝の時間がかなり有効に活用できます。

朝早く起きて何かをすることは、その人にとって成功体験です。小さなことであっても、朝起きて何かをやるということが重要なのです。成功体験の積み重ねが、早起きの習慣化にもつながるのです。

どうしても、朝早く起きれない…という人は、早起きのモチベーションに比較的シンプルなものを持ってきてください。SNSやブログというのも、個人レベルのもので行うことはたやすいことです。

しかし、続けるとなるとやはり日々の忙しさで、面倒になってしまいます。そういった時に、朝のひとときを毎日割り当てらるようにする、それだけで、小さな成功体験を得られるのです。

そういった記録なら、夜にやってもいいのでは?と思う人も多いかもしれません。しかし、ある研究では、同じ睡眠時間6時間をとっていても、遅寝遅起きの人と、早寝早起きの人では、モチベーションや集中力がまったく違うといわれます。

深夜2時に寝て、朝8時に起きる人と、夜11時に寝て、朝5時に起きる人とでは、表面的には睡眠時間6時間と同じです。しかし、中身はまったく異なります。一日を過ごすうえで、集中力や気力が充実した早寝早起き派の方が、質の高い日を過ごせます。そのようなことも意識すると、早起きへのモチベーションがまた、上がるかもしれません。

子育て中の人ほど早起きを習慣化すべきこれだけの理由

日本人は世界一寝てない国である、という統計が話題になっています。どうやら日本人の睡眠時間は世界的に見ても、とっても少ないのです。これは、なかなかの問題です。

世代別にみれば、特に中年女性の睡眠時間が短く、都市部では6時間未満というデータが出ています。これには理由があります。中年女性といえば、まだ手を離れない子供を抱えている場合が多くあります。

それで、昨今の共働き化もあり、仕事と家庭を同時にこなさなくてはならない世代、それがこの中年女性の世代なのです。炊事・洗濯・こどものお弁当などに加え、平日の仕事です。最近は、高齢出産も目立つので、これに保育園の送り迎えなども加わることになります。

そんな子育て中の、とくに女性の睡眠時間が減少していくのは、当たり前と言ってしまえば当たり前です。そして、疲れ切っているからこそ、朝も早起きできません。

それより問題なのが、多忙によって自分の時間がほとんど得られないことです。自分だけの時間が過ごせないのは、目に見えないストレスが蓄積されます。かつて子供が出来る前は、いろいろな趣味ができていたのに…そういう思いがストレスを増幅させるのです。

実は子育て中の人ほど、自分の時間を作って趣味ややりたいことをやるべきなんです。そうすることで、子育てや日常生活にも良いフィードバックがあり、またがんばれるというサイクルが生れます。

では、夜と朝、また、専業主婦の人は昼のどのタイミングでそれをやるのが一番良いでしょうか?実は、早朝が一番いいんです。朝5時に起きる、これだけで、60~90分の一定の時間を確保できます。

子供は、意外と日常のリズムに忠実なので、一度そのサイクルが出来てしまえば、同じ行動をします。寝る時間にもよりますが、起床時間も一般的には7時くらい、と毎日同じになります。子供番組がこのくらいの時間に集中しているのは、そのせいでもあります。

この子供が起きるまでの時間を、趣味に勉強にと有効に活用できれば、毎日が驚くほど変わります。まず、朝日を浴びながら、洗濯などの一仕事をしましょう。朝日を浴びることで、幸福物質のセロトニンが分泌されます。

それから、読書・手芸・映画やドラマ、ゲーム等、普段は絶対できないことをたっぷりと楽しむのです。子供が起きてくるころには、すっかりストレスフリーの状態で日常の朝を迎えられます。

とにかく、早起きを習慣化してしまえば、一定の時間が毎日得られます。大きなポイントとしては、先ほども言いましたが、子どもの生活スケジュールを毎日一定化することです。朝この時間に子供が起きるという時間帯がわかれば、それまでをゴールデンタイムにできるのです。

早朝に自分の時間を作って、やりたいことをする。これは、一見、自分のためにやることのように見えますが、、実は、子供や家族のためにとっても良い事なんです。親がストレスなく子どもと接することで、いらいらせず余裕をもって子育てができます。その鍵が早朝習慣にあるのです。

レム睡眠とノンレム睡眠…知っておくべき睡眠の基礎知識

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある。誰もが聞いた事がある、このレムというワード。一体どういうモノなのでしょうか?早起きをするうえでも、睡眠に関するこのような知識は有効です。

まず、レム睡眠のREMとはRapid Eye Movementという英語であらわされます。直訳すると、素早い眼球の動きという意味です。レム睡眠とは、眼球が動いている状態にある睡眠のことです。

レム睡眠の定義は、次の通りです。浅い眠りで、体は眠っているが脳が活発な状態。つまり、レム睡眠中は脳は休んでおらず、動いています。夢を見るのは、このレム睡眠中であるといわれています。

ノンレム睡眠は、その反対です。定義は、深い眠りで脳が休んでいる状態。一般的に、レム睡眠は体の休息で、ノンレム睡眠は特に脳の休息であると分類できます。

日中に、居眠りをしている人は、ほとんどノンレム睡眠の状態と言われます。脳も体も休息しているので、短い時間でも比較的すっきりするのです。昼寝を公式化する会社もあると聞きますが、このノンレム睡眠の作用を狙っているのでしょう。

さて、この二つの睡眠の種類があるのは分かりましたが、どのようなタイミングで入れ替わるのでしょうか?一般的には、順番に入れ替わります。そして、その周期は90分であるといわれています。

つまり私たちは、90分周期のレム睡眠とノンレム睡眠を、4~5回繰り返して朝を迎えるのです。とはいえ、この二つの睡眠ですが、レム睡眠つまり脳が活動している睡眠タイプの方が、圧倒的に時間は短いのです。

入眠すると、すぐにノンレム睡眠が来てその後1回目のレム睡眠が来ます。これが、約5分ほど。2回目のレム睡眠は、10分、そして、3回目は15分。という具合に、徐々にレム睡眠は幅を広めていきます。

レム睡眠は、脳が活動している状態なので、脳は起きています。ですのでよく言われるのが、レム睡眠の時に起きることが出来れば、すっきり起きられるのです。

なんで、寝てるのに脳が起きているのかといえば、このレム睡眠中に人は記憶を定着させたり、学習したことを吸収したりしているのです。体と脳の疲労回復がノンレム睡眠の役割なら、学習効果を高めるのがレム睡眠の役割なのです。

ですので、極端に睡眠時間が少ないと、レム睡眠の幅が狭く、記憶が定着せず学習が身に付きません。そういう意味でも、90分周期を4回繰り返すくらい(6時間睡眠)は最低とる必要があるのです。

また、早起きを考えた場合は、この二つの睡眠が繰り返す90分周期でアラームをセットするのが効果的です。みてきたように、90分の終わり付近は必ずレム睡眠です。レム睡眠ということは、脳が活動していて目覚めの準備段階なのです。

レム睡眠とノンレム睡眠、どちらも人間が活動するのに重要な睡眠です。ここで思い出すと、子供の頃の睡眠時間の長さです。平気で12時間寝ていたりしたことがあるでしょう。もっと言ってしまえば、幼児の頃は、昼も夜も合わせて、一日の三分の二は寝ていました。

これは、レム睡眠を多くとる必要があったからです。子供は、大人より多くのことを脳で処理し、学習します。大人になると、そこまでレム睡眠をとらなくてもよくはなりますが、重要な種類の睡眠ですし、早起きとの関連も濃い睡眠といえます。