日曜大工ならぬ早朝作家…早起きは物書きの第一歩!?

クリエイティブな仕事というと何を思い浮かべますか?デザインだとか芸術だとか、または物書きもそうです。こういった仕事は、どちらかといえば夜にやるイメージがあります。

一面ではあたっています。確かに夜は、ロマンティックな気分になるし一日の終わりに、何かアイデアがひらめいたりすることもあります。徹夜でクリエイティブなものを作り上げる、という人も少なくありません。

しかし、物を書くことに焦点を当てると、実は朝の方が生産性は断然高いのです。寝起きでぼーっとしていて、とても頭が働かないよ!と反論する声が聞こえるようですが、朝は逆に脳が冴えているんです。

また、何か物を書いているうちに体だけでなく、頭も温まってくるので、早朝からはやくも思考はハイパフォーマンス状態になります。早朝から物を書く行為は、言うなれば頭のジョギングのようなものなのです。

考えてみると、夜は基本的に一日の疲れがたまっているので、眠いです。さらに、お酒などをたしなんでいる場合もあるので、物書きをしている時はいいのですが、翌日に読むとなんともひどい文章…という場合も少なくありません。

特に、小説や論文など長期的に何かを書こうとする人ほど、早朝に起きて書いた方が生産性が上がります。もちろん、早朝に起きるという行為そのものは習慣化するまでは、きつく感じます。

重要なポイントとして、朝起きたらまず、甘いチョコやコーヒーなど自分へのご褒美を用意しておくことです。物書きは無論クリエイティブな行為なので、脳のエネルギーを消費します。チョコやバナナなど軽い糖分をとっておく必要があります。

さらに、同じ時間帯に起きて、同じ時間(30分~1時間)書き続けるということも重要です。そうすることによって、物を書くのが癖になります。前日から、少しづつ書き溜められていく文章は、まるで貯金のようにあなたのちょっとした楽しみになるのです。

書く前に、軽い運動をするのもお勧めします。寝起きは体温が低いので、どうしてもだるくなりがちです。軽い運動によって、代謝をあげることで、書くスピードもあがるのです。

作家の村上春樹さんは、毎朝4時~5時に起きて作家仕事を始めます。小説家というキャラクターの破天荒な生活のイメージは、彼によって破られたといえます。作家というクリエイティブな仕事も、朝型の規則正しい生活から生まれることが可能なのです。

早起きは物書きの第一歩というテーマの記事ですが、最後に朝型作家の第一人者、アーネスト・ヘミングウェイの言葉をお届けします。彼は、「老人と海」などでノーベル文学賞も受賞した小説家であり詩人です。

「早朝には、あなたの邪魔をする人は存在せず、冷えた風は作品を正気に返らせ、文章を書くほどに周りはあたたかくなる」この言葉は、朝に物書き活動をする有効性を端的に表しているといえます。

作家活動という仰々しいものだけでなく、ブログや企画書、日記など何かを考えて書くという行為そのものに、早朝習慣は適しているといえます。

夫婦円満は早朝から…妻の寝てる間に家事をするといい理由

イクメンという言葉がポピュラーになって久しいですが、育児をする父親が随分増えてきたようです。休日の街や公園では、ベビーカーを押しているのは母親ではなく、父親だったりします。

男女平等の意識が高い北欧では、育児をする父親は当たり前で、そもそもイクメンという言葉自体がありません。しかし、日本ではもともと家事育児は女性の仕事という意識が高く、男性が育児をするということ自体が、昔の人からすれば新鮮かもしれません。

しかし、イクメンが出てきた背景には、夫婦共働き社会が当たり前になってきたという背景もあります。つまり、母親も同様に外に出て働き始めたのです。そういう意味では、女性は育児・家事・仕事の三つの重責を担っているのです。

そういう意味では、いかに男性が女性の重責をシェアできるかが夫婦円満の秘訣になります。育児は男性が協力していても、家事はまだまだ女性任せということでは、夫婦関係に亀裂が入ってもおかしくありません。

日本の離婚率は現在、30%を超えており、3人に1人が離婚している現状です。お互いへの感謝の気持ちを保ち続けるのに、家事や育児へのサポートを欠かしてはいけないのです。

そこで、提案するのが早朝の家事サポートのススメです。もちろん、夜遅く帰ってきて睡眠時間が全くないという状況ならば、無理に早朝に起きてはいけませんが、6時間程度の睡眠時間が確保できるのなら、いつもより1時間早く起きて、家事をこなすと自分にとってもパートナーにとっても良い結果をもたらします。

まず、なぜ、早朝に家事をするといいのか。その良い3点を挙げましょう。早起きによって、前向きな1日を過ごせる、休日も早起きができる、パートナーからの感謝を得られる。主に、この3点が挙げられます。

パートナーからの感謝が一番重要なポイントですが、ダラダラしがちな休日も早朝家事の習慣化で早起きして、1日を有効活用できるのも素晴らしい点です。

また、自分の好きなことをできるのも早朝家事のポイントです。それによって、前向きな1日を過ごせます。家事には種類がありますが、特にお勧めするのが放置できる家事です。

例を挙げると、洗濯や料理の仕込みが放置できる家事なのです。洗濯機を回している間、食材の味をしみ込ませている間は、30分などの時間が空きます。その間に、自分の趣味などをして楽しむことが出来ます。

家事の手順としては、まずパッとできるもの、洗った食器の収納・おもちゃのかたづけ、簡単な拭き掃除などを終わらした後に、この放置系の家事に取り掛かります。

約1時間家事や好きなことをしている間に、脳もすっきり目覚めますので、1日のパフォーマンスもかなり上がります。家事は単純作業ではなく、制限時間の間で組み立てていかに効率よくやるかが面白みでもあります。

子供が幼児学校や小学校に行っている人は、連絡ノートなどもたまに記入しておくとさらにポイントが上がります。子供が起きて慌ただしい朝につい忘れてしまいがちなことを、やっておくとパートナーからの感謝ポイントが急上昇します!

夫婦円満の秘訣を聞いたアンケートでも、ダントツの1位は相手に感謝することです。その感謝を引き出すのは、日々の行動です。早朝に家事をすることは、パートナーの為のみならず、自分のためにもなります。ぜひ、無理にならない程度に習慣づけましょう。

頭も体もスッキリ爽快!意外とクセになる早朝ランニング

日々の運動にランニングを選ぶ人が増えています。確かに、ランニングは体中を動かす全身運動なので、ストレス解消や睡眠の質の向上などに効果があります。また、有酸素運動でもあるので、ダイエットの効果も抜群です。

それでは、このランニングどの時間帯にやるのがベストでしょうか?大きく分けて、夜間と早朝という2つの時間帯が考えられます。当然、どちらもメリットとデメリットがあります。

夜間の場合は、時間を気にせずに走れることと、寝る前に運動することで睡眠の質がアップすることがメリットです。デメリットとしては、暗い夜道を走るので車や暴漢などの危険性が増します。

一方早朝には、夜間のメリットはそのままで、デメリットもあまりありません。あえていえば、時間の制約があるくらいです。ということで、今回は、早朝にランニングするメリットの多さにスポットを当ててみたいと思います。

私達の体は、朝が最も体温が低い状態です。早朝に起きた段階で低い体温は、ランニングをすることでどんどん上がって行きます。それによって、基礎代謝が大幅にアップするのです。この落差によって、夜ランニングするよりも短い時間での脂肪燃焼が可能になるのです。

また、朝は気温が低く、人や車もほとんど通らない為、埃や塵がまだ大気を舞っていません。空気が澄んでいるため、単純によるよりもいい空気を吸えるメリットがあります。

さらに、人間の体内時計は、25時間と言われているので普通にしていると、どんどんずれて行ってしまいます。これを調整するのが、朝日を浴びることなんです。早朝ランニングは、この体内時計のリセットにも一役買っています。

ランニングの効用は沢山ありますが、それを最大化できるのが早朝に走ることなのです。ランニングの目的としてダントツナンバー1のダイエットは、特に早朝にする必要があります。さきほども言いましたが、朝ランニングをすることで、代謝量がいきなり上がり、日中もそれを保つことができるからです。

つまり、朝ランニングをした人としてない人では、1日を通しての基礎代謝量が全く変わってしまうのです。体脂肪燃焼効果が高いランニングですが、早朝にするのが一番効果が高いのです。

唯一のデメリットとして、夜のランニングに比べて、制限時間が短いというのがあります。夜1時間ランニングできるとすれば、朝はせいぜい30分程度です。しかし、これでむしろ十分なのです。

アメリカの心臓病学会誌が出した発表によれば、1日5分~15分のランニングで心血管による死亡が大幅に減るという結果がでました。これが面白いのは、長距離・長時間走っている人と、10分程度走っている人とで結果に差がないということです。

つまり、距離や時間は関係なく、一定の短い時間をランニングに当てるだけで、心疾患に効果があるということです。短いランニングをしている人は、なんと心臓発作で亡くなる率が45%も低くなるというから驚きです。

こういった研究発表をみても、早朝にランニングをするメリットが沢山あることがわかります。今年から、ランニングして体を鍛えたい!ダイエットしたい!と考えている人は、効果が最大化される早朝のランニングをお勧めします!

明日への投資!英会話を早朝にやるという選択肢

大人になると勉強をしたくなります。学生時代は遊ぶことに忙しく、慌ただしく就職して何年か経過すると、妙に勉強がしたくなるんです。あの時にやっておけばよかった、と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、この勉強したい願望は、社会に出て知識や教養の不足を感じたことによって出てきたものです。社会人になったからこそ出てきた、初めての「勉強したい!」という積極的な欲望なのです。

残念ながらこのポジティブな欲望、そう簡単に叶えられないのが現実です。仕事をしていると、時間を作るのが大変難しいからです。しかしながら、最近そうのんびりと構えていられない事態になっているのが、グローバル化の波です。

外資系の会社に吸収された、社内で英語ルールが設定された…など英語を理解できなければいけない状況に追い込まれている人も出てきています。それでなくても、将来を見据えると英語をやっておかないと不安です。

ここで少しデータを見ておくと、世界の人口約70億のうち、いわゆる英語を実用的に使っている人は約17.5億人もいるといわれています。つまり、4人に1人がビジネスレベルで英語を使っているのです。

一方、日本人は全体の人口の2%程度の人しか、実用英語が使えません。世界と比べると圧倒的な劣勢が浮き彫りです。このような現状の中、日本人ちは手っ取り早く英語を学ぶ必要にさらされています。

そこで、提案したいのが、早朝に英会話をするという選択肢です。英語の勉強といえば、英会話スクール・参考書による独学などがありますが、今回は、インターネットによるオンライン英会話をお勧めします。

英会話スクールは移動コストが高く、参考書は早朝に起きるモチベーションとしてはつまらないからです。オンライン英会話なら、家に居ながら、生の講師と一対一のマンツーマンレッスンが受けられます。約30分間英語しか喋れない環境を体験するだけで、英語耳・会話力等が格段に変わります。

早朝は頭も冴えているので、生の英会話のような密度の高い勉強でも集中が持続します。さらに、例えば朝の6時にレッスンの予約をとっていれば、その時間までに必ず起きる癖がつきます。自分に1人の勉強ではついさぼってしまいますが、予約という形があるとある意味アポイントのような強制力が働くからです。

朝一で外国の人で英語のみで会話する体験は、楽しいものです。嫌な語学の大変さが、オンライン英会話によって朝に外国の人と会話するというプチ留学体験に変わるのです。そして、楽しい体験は、不思議と継続するんです。

最後に英語について、注目したいことがあります。さて、英語人口17.5億人のうちネイティブスピーカーは、何%だと思いますか?じつは、3.9億人くらいです。これは、全体の22%にあたります。つまり、残りの78%は非ネイティブ(第二外国語)の人々なのです。

第二外国語として、英語を流ちょうに話す人が今、アジアを中心にどんどん増えてきています。この流れは、止められません。日本語を母語としながら、英語もビジネスレベルで話す。そんな理想の形を、この早朝習慣を足掛かりに、やってみませんか。